日本庭園の歴史

場所:山公園とネリス川の間に
建てるデート: 2016年 - 2019年

アイデア:ドクシャイテ・ダリアさん

建築家:造園家のラウラ・ポプキーテー(京都の日本庭園で働いていました)と彼女の教師である高台寺造園家北山安夫が,「Sluškai」渓谷の水源プロジェクトを準備しました。

主な後援者:古代時(京都)

「日本文化センタ―」はプロジェックトを開始し、無料で行います。

プロジェックトを保つ:ビリニュス市役所、日本大使館、「日本文化センタ―」のお客さま。

 

ダリア・ドクシャイテがビリニュス市自治体とアイデアについて話し合い、既存の水源と環境の修復の承認を得た後、2009年に庭の建設が始まりました。

2011年、「スルシユカイ」(Sluškai)という渓谷の水源は、ビリニュスの保護水源のリストに含まれました。

庭は日本の基本的な美学の原則に従っています。主な焦点は、環境全体を調和させながら、自然性を損なうことなく水源を始末することでした。庭園の主なスポンサーである高台寺(京都、日本)は、この庭園がリトアニアの人々に日本の文化、美学、自然のより深い理解をもたらすと信じています。

将来的には、庭園はビリニュス市自治体のケアに移されるつもりがあります。

庭園のプロジェクトに助けてくれた方に感謝しております。それに、無料で働き、一時的な柵、庭石、植物、アドバイスをくれた方にとても感謝しております。

  • 庭石

  • 植物を植える

  • 働き

  • Time to Relax

2016

から

2019

まで

10000+

人が訪ねた

日本庭園のチーム

ドクシャイテ・ダリア

アイデア

ポプキーテ・ラウラ

建築家

シマヌスカイテ・マリヤ

管理人

庭園の進行

  • 市自治体に移す

    2020
  • 庭園の終了

    2019
  • 開始
    庭園下と中の部分が終了される

    2018
  • 開始2
    石が置かれ, 苔と植物が植えられる

    2017
  • プロジェックトの開始

    2016
  • 庭園のプロジェックトが確定される

    2016
  • 庭園の源泉が登録される

    2011
  • 庭園のアイデアが公表される

    2009

Gaukite naujienas apie mūsų renginius elektroniniu paštu:

VšĮ "Japonų kultūros namai"

Įmonės kodas: 124629981

Sąskaitos nr. LT85 7300 0101 3234 4550
"SWEDBANK", AB

Adresas


T. Kosciuškos 26 LT-01100 Vilnius 

Atskiras įėjimas su varteliais yra dešinėje 26 namo pusėje. Prie Odontologijos klininkos yra laiptai žemyn. Šalia yra japoniškas sodas Sei Shin en.